香川県 さぬき 片付けアドバイザー 「遺影 写真への想い」あなたはどのように扱っていますか?

香川県 高松市で

片付け 整理収納 のサポートをしています

さぬき 片付けアドバイザー三谷正美です。

 

 

突然ですが

あなたのお家に、ご先祖様や故人の

遺影写真はありますか?

 

 

お家に置いている方は

その遺影写真を

どのように扱っていますか?

 

仏壇の近くに飾ったり

自分の部屋に飾ったりして

時折、眺めては故人を偲んでいますか。

 

 

最近、私の片付けサポートも

一軒家まるごとの片付けや

 

不用品回収をして頂く前の

不用品の分別作業をする依頼も

増えています。

 

 

親族から親が介護施設に入居したので

この機会にお家を片付けたいと

ご依頼があります。

 

 

ひとり暮らしをしていた方が

子供に面倒を見てもらうことになり

いま住んでいるお家を処分するため

全て片付ける・・・など

 

 

高齢者になると

片付けをすることが必然的に

迫ってきます。

 

 

そして

片付けを自分でしたくても

高齢者になると

体力もなくなり

自分で片付ける気力もなく

 

 

結局、不用品回収業者へ

片付けを全て依頼することに

なっているのが実情のようです。

 

 

 

今回のテーマを

「遺影写真への想い」としたのには

理由があります。

 

 

私も最近、不用品回収業者と

一緒に片付けをさせて頂く機会が

あるのですが

 

床の間や押入れから

ご先祖様の遺影写真が無造作に

放置されているのを目にします。

 

壁に飾ったままの遺影写真も

「見たことも、会ったこともない人なので

全て捨ててください、、、」と

言われた時には

 

 

なんとも言えない

気持ちになってしまいます。

 

 

でも、実際に

このように扱われているのを

目の当たりにしています。

 

他人様のものですが

ゴミ扱いで処分するのは

気が引けてしまいます。

 

心が重くなります。

 

 

ゴミと同じ処理をして

本当に問題ないのか

 

この機会に

遺影写真の処分方法について

調べてみました。

 

 

そして

遺影写真の整理・処分方法も

3通りありました。

 

その1:供養してお焚き上げ

遺影写真から魂・お性根を抜きます。

「魂を抜く」という儀式を

魂抜き(たましいぬき)または

お性根抜き(おしょうねぬき)

もしくは閉眼供養(へいがんくよう)

など呼びます。

(宗派により呼び方が変わることもあります)

 

ご先祖様の魂が遺影写真に宿ったまま

処分してしまわないよう

魂・お性根を抜くことにより

遺影を単なる写真に戻します。

 

魂抜きやお性根抜きの供養は

お坊さんに依頼します。

通常は、遺影写真だけを単独で

処分することはほとんどなく

多くの場合、仏壇や位牌とともに

魂抜き供養をする場合が多いようです。

 

魂抜き・お性根抜きを済ませた遺影写真は

「単なる顔写真」「ただの写真」に

なっています。

そのため、燃えるゴミとして処分しても

法的にはなんら問題はありません。

 

ただ、ご先祖様や祖父母・両親の顔が

写っている写真を

そのまま他の一般のゴミと一緒に

捨ててしまうのは心が痛みます。

そのため、お焚き上げ(おたきあげ)

などの焼却処分をするのが一般的だそうです。

 

 

その2:自分で廃棄

遺影写真に対して思い入れや

こだわりがない人は

何もせずそのまま燃えるごみとして廃棄

しても法律上はなんら問題ありません。

仏教徒ではない人や、心霊的なことは

信じていない人、あるいは、

写真に写っている人に対し特に

親近感がない場合などです。

ただ、家族や親類などの同意を得ずに

自分一人の判断でやってしまうと

のちのちトラブルになることがあります。

もし、親類一同集まっての供養などをせず

そのまま廃棄処分してしまう場合は、

同意を得たうえで行った方がいいようです。

 

その3:メモリアルとして保管

父母の顔が写っている遺影写真を

思い出として手元に置いておきたいと

いう人もいます。

仏壇とかがあった時のように一緒に

供養を続けるわけではないけど

かといって処分もしたくないという場合です。

 

このように引き続き供養はしないが

保管はしておきたい場合は

とりあえず魂抜き・お性根抜きを

済ませておきましょう。

そうすれば、遺影写真は単なる写真と

同じ扱いができ、机の引き出しや

本棚に保管しておくことができます。

 

以上のような

「遺影写真を整理・処分する方法」が

あることが分かりました。

 

やはり儀式の一つとして

遺影写真の魂やお性根を抜く供養は

しておいた方がいいようです。

 

お位牌やお仏壇の面倒を見ることもできず

供養整理をする人も増えているようです。

 

これから超高齢社会に突入していきますが

今のうちから供養を誰がどのように

していくのか、決めて置くとよいでしょう。

 

 

そして、特に高齢者の方は

少しでも体力・気力があるうちに

自分の身の回りの片付けを

しておくことをお勧めします。

 

ご家族も忙しくて片付けを一緒に

手伝ってもらえない方も

おられると思います。

 

そのような時には私、三谷正美に

片付けサポートをご依頼くださいね。

 

自分の住み慣れたお家で

いつまでも心穏やかに自分のペースで

安心・安全に生活できますよう

生活空間作りのお手伝いをさせて頂きます。

 

是非、三谷正美へご依頼くださいね。

 

まずは、ご連絡ください。

あなたのペースで片付けが進めれるよう

打合せをさて頂いています。

 

※LINEでも受付けています。

ここをポチとしてください。

⇓⇓
 
香川県 高松市 三谷正美 断捨離 かたづけ 整理収納 さぬきリフレッシュ 

 

⇒ 三谷正美について

⇒ 片づけで人生が変る

⇒ お問合せ

⇒ お客様の声

 

香川県 高松市の整理収納、片付け、モノやココロの断捨離に関心がおありの方は三谷正美にご相談下さい。

 

 

Follow me!

The following two tabs change content below.
香川県高松市在住。片付けアドバイザー。香川県の大手通信販売会社セシールに勤務。品質管理のスペシャリストとして29年間を過ごす。管理職として部下育成も行う。人生の転機となる出会いと別れをきっかけに「心を解き放つ片付け」の世界へ。人生を変えたい、心の解放をしたい方のための片付け指導、セミナーを各地で開催。空き家プロジェクトメンバーとしても活躍。

香川県で整理収納、片付け、家の中のものを断捨離をしたい方

片づけとは「決断すること」。
決断できるようになると自分に自信ができてきます。
香川県で整理収納、片付け、家の中の溢れるものを断捨離したい方の
サポートをしています。