香川県 さぬき 片づけアドバイザー モノを通して 思い込みを知る

香川県  高松市の

さぬき 片づけアドバイザー

三谷 正美です。

 

皆さま、私がよくお伝えしています

「モノと向き合い、自分と向き合う」ことは

 

「自分の思い込みを知る」ことでもあるのです。

なので、改めてご説明させて頂きたいと思います。

 

そもそも

モノと どのように向き合うのですか?

向き合ったら 自分の何が分かるのですか?

と、思われているのではないでしょうか。

 

向き合う方法は簡単です。

使っていない 沢山のモノに対して

なぜ手放せないのか

1つひとつ

今の自分の心に問いかけ

モノに対する思いを再確認する作業です。

 

香川県 高松市 三谷正美 断捨離 かたづけ 整理収納 さぬき向き合う 

 

そして

モノにはストーリーが必ずあります。

モノを与える側と

取り入れる側の関係もあります。

取り入れるのは

必ず理由があるからです。

 

そして、何故手放せないのか・・・

考えてみてください。

 

「もったいない」からですか

「もったいない」はモノを粗末に

生かすことをしない行為をいいます。

家の中にあっても大切に使われず

スペースをムダ遣いしているなら

その方がもったいないと思いませんか。

 

「捨ててはいけない」と教えられたからですか

モノに乏しい時代の価値観で

今のモノが溢れる現代には

当てはまらない教えと思いませんか。

 

「いつか」「もしかしたら」使うかもしれないからですか

過去に「いつか」と、置いていたモノの

「いつ」は訪れましたか?

未来は誰にも分からないのです。

「いつか」「もしも」は大抵訪れないです。

不確実な未来のために

「今」を犠牲にしていませんか。

 

高かったからですか

使わない限り、維持管理の方が

コストが高くつく場合があります。

「高かったモノなのに使っていない」という

罪悪感を持ち続ける方が

メンタルに影響を及ぼしやすいのです。

 

人からもらったモノだからですか

モノと それをくれた人は別です。

モノそのものより、モノに託された

気持ちが大事なのです。

 

想い出のモノだからですか

モノ自体より、思い出そのものが大事。

想い出は心の中に留めておけると思いませんか。

 

このように、今手放せないで

溜め込んでいるモノたちを

手放すこをしていきませんか。

 

まずは、

目の前にあるモノから

少しずつ

モノと向き合ってください。

 

大切に保管しているモノは

直ぐに手放す必要はありません。

 

ただ、大切に置いているモノと

向き合うと

過去の思い出が蘇り

懐かしい時間を過ごすことができます。

香川県 高松市 三谷正美 断捨離 かたづけ 整理収納 さぬき宝石箱 想い出

 

香川県 高松市 三谷正美 断捨離 かたづけ 整理収納 さぬきアルバム 

 

心の支えになるものは

しっかり大切に保管してください。

 

大切なモノをどこに置いたかも

分からなくなって

困っている方が

いらっしゃるかもしれませんね。

 

まずは

目の前のモノから向きあい

これは自分の思い込みだったかも、、と

知っていくのも楽しいです♪

 

そして

コツコツモノと向き合い

手放して行くと

探し物も出てくるかもしれません♡

 

大切なモノを探したい方は

私、三谷 正美が ご一緒に

片づけをして探し出します♡♡♡

 

まずは お気軽にご相談くださいね ♪

⇒ここをポチ  としてくださいね♡♡♡

 

Follow me!

The following two tabs change content below.
香川県高松市在住。片付けアドバイザー。香川県の大手通信販売会社セシールに勤務。品質管理のスペシャリストとして29年間を過ごす。管理職として部下育成も行う。人生の転機となる出会いと別れをきっかけに「心を解き放つ片付け」の世界へ。人生を変えたい、心の解放をしたい方のための片付け指導、セミナーを各地で開催。空き家プロジェクトメンバーとしても活躍。

香川県で整理収納、片付け、家の中のものを断捨離をしたい方

片づけとは「決断すること」。
決断できるようになると自分に自信ができてきます。
香川県で整理収納、片付け、家の中の溢れるものを断捨離したい方の
サポートをしています。