香川県 さぬき 片づけアドバイザー いつか使うかもしれない はストレス

香川県高松市の

さぬき片付けアドバイザー

三谷正美です。

 

ものを捨てる基準で、多くの方が悩まれているのが

「いつか使えるかもしれないもの」になります。

 

捨てる判断をするとき

まだ使える物や

今後使うかもしれないものには

頭を悩ませています。

 

生活の中では

購入したけど一度も使っていないもの

一回使用しただけで押入れに眠っているものなど

あるのではないでしょうか。

 

いつか使うかもしれないものは

「いつか使わなければいけないという

気持ちにもなります。

 

例えば、

健康器具とかも

もっていませんか?

 

購入しても、一カ月もすれば

使わなくなる人が多いです。

 

私も、その一人でした。

 

⇓⇓2年前、私が手放したものです。

自分の溜め込みを振返るために写真を撮っていました。

健康グッズ 香川県 高松市 三谷正美 断捨離 かたづけ 整理収納 さぬき 終活 空き家

 

健康器具 香川県 高松市 三谷正美 断捨離 かたづけ 整理収納 さぬき 終活 空き家

 

いつか使うかもしれない

振返ってみると、ストレスになっていました。

 

私は、しまい込むと

忘れて使わなくなると思っていたので

部屋の隅っこに

あえて見えるように置いていました。

 

でも、結局は気になりつつも

使う事を続けられていませんでした(#^.^#)

 

そして、それを見るたびに

ダイエットをしないといけない

思ってモヤモヤした気持ちになっていました。

 

思い切って

使わないものを捨てたら

スッキリしました!!

 

それは、ものを減らして

部屋が広くなっただけではなく

ストレスからも解放されたからです。

 

使えるものを捨てると

損をした気分になると

考える人が多いですが

 

「いつかは使わなければいけない」という

ストレスから解放されれば

 

捨てることで

心の解放がプラスでき

得するんです。

 

「1年以内に一度も使用しなかったものは捨てる」という

基準を聞いたことがありませんか。

 

捨てる判断が出来ない人に

とっては有効な方法です。

 

基準通り、判断して

決断できるのであれば・・・。

 

その基準を決めても

捨てる決断ができずに

悩む人もいます。

 

無意識に

ストレスを溜め込んでいる人は

非常に多いです。

 

その日常生活が当たり前なので

気づきません。

 

いつかは使う・・・の

いつかはきません。

 

それも、わかっちゃいるけど

捨てられないんですよね(#^.^#)

 

決断力は急には身に付きません。

 

毎日1つ、ものを手放すと

決めるんです。

 

自分で意識して

取捨選択をして

使っていなかったものは

手放す決断をするのです。

 

訓練が必要なんです。

 

それを繰り返すと

手放しても困らないことに

自分で気づいていきます。

 

人に言われて捨てるのは

またストレスです。

 

そして

リバウンドします。

 

自分の意思で決断しないと

リバウンドします。

 

 

「いつかは使わないといけない」という

ストレスから解放して

 

部屋に空間という解放

プラスしていきましょう。

 

部屋に

空間という解放がプラスされいくと

心が充実していきます。

 

生活習慣も変わり出し

食生活も変わります。

 

いつの間にか

健康器具を買わなくても

気が付けばダイエットできていますよ(^_-)-☆

 

ストレスフリーで

ダイエットしたい方は

まずは、ご相談くださいね。

ご相談 お問合せは ここをポチ

 

香川県のお米で作ったおむすびが大好きな

三谷正美でした。

Follow me!

The following two tabs change content below.
香川県高松市在住。片付けアドバイザー。香川県の大手通信販売会社セシールに勤務。品質管理のスペシャリストとして29年間を過ごす。管理職として部下育成も行う。人生の転機となる出会いと別れをきっかけに「心を解き放つ片付け」の世界へ。人生を変えたい、心の解放をしたい方のための片付け指導、セミナーを各地で開催。空き家プロジェクトメンバーとしても活躍。

香川県で整理収納、片付け、家の中のものを断捨離をしたい方

片づけとは「決断すること」。
決断できるようになると自分に自信ができてきます。
香川県で整理収納、片付け、家の中の溢れるものを断捨離したい方の
サポートをしています。